ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

お散歩のしつけ

 

お散歩は、ただリードを着けて歩いて運動すればいいってもんじゃありませんね。

 

お散歩を通じてしつけをしたり、社会性を身につけることができる大切な時間です。

 

もちろん、飼い主さんとワンちゃんの信頼関係を深める大切な時間にもなります。

 

どんな子犬でも最初からリードを着けて上手に歩けるとは限りません。

 

大抵の場合は、リードが絡まり動けなくなるか、リードをおもちゃ代わりにして遊んでしまうでしょう(笑)

 

まず、大切なのはお散歩の時の主導権は飼い主さんが握るという事です。

 

少し短めにリードを持ち、自分の横を歩かせるようにしてみましょう。

 

名前を呼びながら、アイコンタクトを取りながら上手に誘導していきます。

 

ちょっとでも前に行こうとしたり、横に注意が要った時は、軽くリードを引き、イケナイといい真っすぐ歩けるようにします。

 

この時、上手に歩けたら、褒めてあげてくださいね。

 

飼い主さんの横につき、一緒に歩けば褒めてもらえることがわかれば、自然と歩けるようになってきます。

 

子犬だから仕方ない、見るもの全て新鮮なので興味津々なのね。

 

なんて、許していたら後が大変です。

 

どうしても上手くいかない場合は、子犬のしつけ教室に通ってみてはいかがでしょうか?

 

他の子犬と一緒に色々なことを学ぶことができますので、社会性も身につくし、お散歩の練習もできます。

 

飼い主さんと、ワンちゃんにとって良い方法を見つけてみてくださいね。