ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

拾い食いをさせない

 

お散歩中に拾い食いをさせないことは大切なしつけの一つです。

 

お散歩中は道に何が落ちているかわかりませんね。

 

美味しそうなものでも衛生的に良くありませんし、もしかしたら毒が入っているかもしれません。

 

世の中には、心ない悲しい人もたくさんいます。

 

犬を嫌いな人が食べ物に毒を仕込んで道においていた、なんて事もありましたね。

 

飼い主さんが注意し、しっかりとしつけていないと、犬はそこにある物が危険かどうか判断することはできません。

 

拾い食いをさせないことは、しつけの中でもとても大切なしつけになるので、しっかりと行いましょう。

 

まず、家の中からも注意が必要になります。

 

キッチンで食事の支度をしている時、まな板の上で何か刻んでいたりしても、うっかり下に落としてしまう事がありますね。

 

この時、下にワンちゃんがいたら、すかさず食べようとするはずです。

 

賢い子は、必ず何か落ちてくると待っていたりすることもあります(笑)

 

この床や地面に落ちているものを食べる習慣をつけてしまうと、散歩中にも拾い食いをするようになります。

 

まずは、家の中でしっかりと拾い食いはイケナイことだと教えていきましょう。

 

大切なのは、タイミングです。

 

床に落ちているものに興味を持った瞬間にイケナイといい止めさせます。

 

お散歩中はリードを軽く引き、イケナイなどのコマンドで指示を出します。

 

何度か根気よく繰り返すと、何か落ちていても、興味を示さなくなってきますので、諦めず根気よく続けていってくださいね。

 

上手に素通りできたら、褒めてあげましょう。