ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

多頭飼いのデメリット

 

多頭飼いの場合は、1頭だけじゃなく2頭3頭と、多くの犬と生活することになります。

 

多頭飼いをする時に、注意したいポイントは犬にも相性があるという事ですね。

 

犬にも性格があり、それぞれに個体差があります。

 

ウマが合わない場合は、どんなに飼い主さんが仲良くして欲しいと望んでも無理な場合もあるので、性格や相性を考えることが大切ですね。

 

先住犬の性格により、後から迎え入れる子を慎重に決めなければいけません。

 

デメリットというより、注意点とした方がいいかもしれませんね。

 

他には、頭数が増えればそれだけ毎月の出費も増えることになります。

 

ドッグフード代、ペットシーツ代、おやつ代、などですね。

 

トリミングに出したり、病気になったり、病気予防で動物病院にお世話になる場合にも、頭数分の費用がかかってきます。

 

体調管理もそれぞれに注意を向けないといけません。

 

犬も季節や体調によって、食欲が低下したり、元気がなくなることがあります。

 

簡単に旅行にも行けなくなります。

 

毎回ペットホテルに預けるのも、それだけ費用がかかりますし、寂しい思いをさせてしまいますね。

 

一緒に旅行に連れていった場合でも、行動範囲が限られてきます。

 

これをデメリットと受け取るか、可愛いワンコ達のためだから仕方ないと受取るかは飼い主さん次第です。

 

確かに大変なことも多くなりますが、その分、嬉しいことも多くなります。

 

上手に多頭飼いをしていきましょう。