ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

同性同士の多頭飼い

 

多頭飼いをする時に、性別は重要なポイントになってきますね。

 

100%ではないものの、一般的には男の子の方がおっとりしていて、女の子の方がお転婆さんが多いと言われています。

 

中には、全く逆のパターンもありますし、持って生まれた性格なども関係してくるので、あくまでも参考程度にしておいてください。

 

一番大切なのは、実際にワンちゃんに会って、性格を見極めることが大切ですね。

 

例えば、女の子同士を飼う場合は、性格もありますが、ヒート(生理)中は、イライラしたりしやすいので、普段は仲がいいのに、本気の喧嘩をしてしまう事もあります。

 

女の子の場合は、ヒートの時、どうしても出血があるので、部屋を汚してしまう事があります。

 

こういう場合は、おむつや生理用のパンツをはかせるなどで対応できます。

 

将来的な病気予防にもなるので、避妊手術を考えてもいいでしょう。

 

男の子同士の場合は、縄張り意識の強い子になると、これもやはり喧嘩の原因になったりします。

 

男の子の場合には、マーキングをする場合がありますが、これも去勢手術で対応することができますし、将来的な病気予防にもなります。

 

今、先住犬がいるなら、先住犬の性格も考えてあげたいですね。

 

先住犬と性格の合う子犬を探してあげることを考えてください。

 

同性同士の多頭飼いも、性格が合えばとても楽しい毎日が過ごせますので、根気よく運命の子犬を探してくださいね。