ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

多頭飼いの名前のつけ方

 

多頭飼いの名前のつけ方については、飼い主さんが一生懸命に考えて決めると思うので、アドバイス的な意見として参考にして頂ければと思います。

 

血統書にあるような長い名前や、ファーストネーム・ラストネームがあってもいいのですが、結局、普段呼ぶ時は、短縮したり、呼びやすい呼び方になっていきますよね。

 

長い名前は犬も理解しにくいので、名前を付けるとしたら、できるだけ短い名前がオススメです。

 

犬は、飼い主さんの発する言葉を、母音で聞き分けると言われています。

 

例えば、オーソドックスな犬の名前「ポチ」の場合、は「ポ(オ)チ(イ)」になります。

 

犬にはこんな風に聞こえていると言われています。

 

多頭飼いの場合には、似たような発音や母音の名前にしてしまうと、たまに犬も間違えることがあります。

 

呼ぶ時に犬の目を見て呼んでいても、違う子が来てしまうなんてこともよくあります(笑)

 

これで、特に問題がなければ、呼んでいなくてもちゃんとそばに来た時は、褒めてあげましょう。

 

ただ本当はよくないのですが、いたずらをした時などに叱る時、つい名前を呼んで叱ってしまいますね。

 

この時、悪いことをしていないのに、名前が似ていると自分が叱られたと、勘違いしてしまう子も出てきてしまいます。

 

こういう誤解を避けるためにも、できるだけ聞き分けやすいような名前を考えてあげるといいと思います。