ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

予防接種を受ける

 

病気予防のためには、予防接種を受けることは大切なことです。

 

犬にも伝染病があるのを知っていますか?

 

もしも予防接種を受けていないと、普通にお散歩に行っただけでも、何らかの病気に感染してしまう事も十分考えられます。

 

健康のためと健康診断をしに動物病院に行った場合でも、もしも待合室に病気のワンちゃんがいれば、ちょっと接触しただけでも病気をもらってしまうことだって無いとは言い切れません。

 

大切な家族の一員であるワンちゃんの健康を守るのも管理するのも、飼い主としての責任がありますね。

 

毎年1回の予防接種は、欠かさずに行いましょう。

 

子犬の時に母犬のお乳を飲むことである程度の免疫をもらえるのですが、母犬から離すのが早い場合は、予防接種で免疫力をつけなくてはいけません。

 

予防接種ではごく微量の菌を体内に入れることで、その菌に対する抵抗力をつけていきます。

 

一度抵抗力がついても、中にはそれが持続しない場合もあります。

 

ですから、念のため毎年予防接種を受け、万が一ウイルスに感染しても抵抗出来るように備えておく必要があるのです。

 

健康で長生きしてもらうためにも、予防接種を受けるようにしましょう。

 

とは言え、予防接種は決して安いものではありません。

 

動物病院によって多少の差はありますが1回数千円はします。

 

多頭飼いの場合は、頭数分の予防接種代がかかるので、経済的負担も大きくなります。

 

しかし、病気になればもっと費用がかかりますし、何よりワンちゃんが辛い思いをしてしまいますね。

 

そうならないためにも、予防接種を受けておきましょう。