ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ノミ・ダニの予防

 

普通に生活している限り、よほどのことがないとノミ・ダニはいないと思います。

 

でも、お散歩の時に公園の草むらや、他のワンちゃんと接触した時、ノミ・ダニをもらってしまう事もあります。

 

ノミ・ダニは一見目に見えにくいので、すぐに気付いてあげることができない場合もあります。

 

ノミ・ダニがつくと血を吸うのでとても痒がりますし、貧血を起こしてしまう場合もあります。

 

一度つくと完全に除去するまでには時間もかまりますし、犬も痒いので辛い思いをしますね。

 

こうなる前に、しっかりとノミ・ダニの予防をしておきましょう。

 

我が家のダックス達は、動物病院からフロントラインというノミ・ダニの予防薬をもらって使っています。

 

 

使い方としては、犬がなめないように首の後ろの毛をかきわけて、地肌に直接塗布していきます。

 

ごくわずかな量なので、「最初はこれで本当に効果があるのかな?」とちょっと不安もありましたが、地肌につけることで全身の毛穴に浸透していくので、目に見えないバリヤ効果があるようです。

 

全身を目に見えないバリアで、ノミ・ダニから守ってくれるんですね。

 

一度つければ効果が持続するので、もしもノミ・ダニがついても24時間後には死滅していると言われています。

 

今のところノミ・ダニが付いたことはありません。

 

私はノミ・ダニの予防のために定期的に使っています。

 

ノミ・ダニがついてから慌てるよりも、しっかりと日頃から予防しておけば安心できますね。