ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

病気のサインを見逃さない

 

日頃から飼い主さんが、病気のサインを見逃さないことは大切なことです。

 

言うまでもありませんが、犬は言葉を話すことができませんね。

 

病気になったりしても、どこが痛いとか、どんなふうに痛いのかを飼い主さんに直接訴えることができません。

 

その代わり何か異変があった時は、体の変化や状態で必ずサインを出してくれます。

 

愛犬の健康を維持し、管理するためにも、このSOSのサインを見逃さないようにしましょう。

 

例えば、お腹を壊している時、思い当たることを考えてみましょう。

 

ドッグフードの種類を急に変えてしまうと胃がついていけず、お腹をこわすことがあります。

 

食べ過ぎでもそうですね。

 

原因がわかっていれば対処もできますが、それ以外の時には何かの病気で体調を崩していることも考えられます。

 

下痢が続くようなら、動物病院で検査をしてもらいましょう。

 

もしかしたら違う原因があるかもしれません。

 

ただフードが合わない場合は、合うものを探してあげることで解決しますね。

 

いつもと様子が違うというサインもあります。

 

うつ伏せになってじっと動かず息も荒い場合には、何か苦しんでいるのかもしれません。

 

いつもはとても元気な子が急に大人しくなった場合は、何かの病気のサインの場合が多いです。

 

・鼻が常に乾いている
・熱っぽい
・目ヤニや鼻水が出ている
・咳やくしゃみをする

 

これらの他にも病気のサインは一杯あります。

 

食欲が無い時も要注意ですね。

 

いつもと違うと感じた時には必ずサインを出していますので、見逃さないようにしてくださいね。