ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアは、胴長のダックスには特に多い病気の一つになるといっていいと思います。

 

全てのダックスフンドが椎間板ヘルニアになるというわけではありませんが、なりやすい病気であるという事を覚えておきましょう。

 

椎間板ヘルニアの原因としては、太り過ぎや激しい運動があります。

 

ダックスは、元々猟犬としても活躍しているほど、活発なので運動や遊びが大好きですね。

 

かけっこやボール遊びを普通にしている時にはそれほど問題なくても、急な方向転換や体をねじってのジャンプ、フローリングの床の上で転んでしまう時には注意が必要になります。

 

このような動作が椎間板に大きな負担をかけることで、椎間板を損傷してしまうのです。

 

肥満でも同じように椎間板に負担がかかってしまうので、体重管理もしっかりと行いたいですね。

 

骨の老化でも椎間板ヘルニアになることがあります。

 

高齢犬になってきたら、激しい運動や滑りやすいフローリングには十分注意してあげてくださいね。

 

椎間板ヘルニアと言っても症状は様々です。

 

足を引きずるようなしぐさをすることもあれば、四肢が麻痺してしまう事もあります。

 

腰の椎間板の場合には、激しい激痛を伴う事もあるので、飼い主さんでも触ると噛みつかれてしまう事もあります。

 

主な治療としては、痛みどめなどを飲みながら痛みを抑える内科的治療と、それでも改善されない場合には、外科治療に進むことになります。

 

症状や発症部位により症状や治療法も異なるので、動物病院で相談することも必要になってきます。

 

椎間板ヘルニアになると犬も苦しむことになるので、日ごろから無理な激しい運動や肥満にさせないことなど管理が大切になりますね。