ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

外耳炎

 

外耳炎とは、耳の外耳に炎症を起こすことでかゆみが出たり、耳垢が溜まる病気です。

 

ダックスフンドのような耳が垂れている犬に多い病気の一つです。

 

外耳炎になると耳の中がべったりとして、黒い耳垢が溜まるのですぐにわかると思います。

 

しきりに耳を気にしてみたり、頭を振る時には、まず耳を見てみましょう。

 

主な原因は、細菌や真菌、耳ダニだと言われています。

 

耳掃除は毎日必要ではありませんし、綿棒でグイグイと掃除をしてしまうと、意外とデリケートな耳を傷つけてしまう事もあります。

 

耳をキレイにするつもりが帰って逆効果になることもあるので、注意が必要ですね。

 

自分で手に負えない時には、まず獣医さんに相談してみましょう。

 

耳掃除をする場合は、綿棒よりもまず、耳の洗浄液が効果的です。

 

これも素人判断で使うより、最初に動物病院で実際にやってもらい、掃除の仕方を教えてもらうといいと思います。

 

市販の耳洗浄液もありますが、頼めば大抵の場合、動物病院で使用している耳の洗浄液を分けてもらえると思いますので、せっかくならそれを使ってみましょう。

 

耳垢が溜まっているだけなら、洗浄液である程度キレイにして、耳の周りを清潔なコットンなどで拭き取ればいいでしょう。

 

しかし、真菌や細菌が残ったままだと完治しないので、抗生剤などの投与が必要になってきます。

 

いずれにしろ耳のトラブルは、最初のうちにしっかりと治療をしておくといいですね。