ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

中耳炎

 

中耳炎とは耳の中耳がウイルスや細菌などに感染し炎症が起こる病気です。

 

中耳炎の多くは急性ですが、外耳炎が悪化したり、慢性化することで中耳炎になることもあります。

 

外耳炎の時にしっかりと適切な治療をしておかないと、症状が悪化して外耳炎や内耳炎に発展させてしまいますので、外耳炎の時に早期治療を行う事が大切です。

 

しかし、外耳炎も再発しやすいために、日ごろからの耳のケアも大切になります。

 

中耳炎になってしまった場合は、耳が聞こえにくくなることもあります。

 

耳をしきりに気にしたり、後ろ足でひっかくようなしぐさをしていたら、耳の病気を疑ってみましょう。

 

中耳炎や内耳炎に発展してしまうと、耳が聞こえにくくなるだけでなく、鼓膜に穴があいてしまう事もあります。

 

こうなる前に、早い段階でしっかりと治療をしておくことが大切です。

 

ダックスフンドのように耳が垂れている犬種は、耳のトラブルも多くなるので、注意してあげましょう。

 

我が家のダックスの中にも、耳のトラブルを起こしやすい子がいます。

 

ドッグフードが合わず、アレルギーなどが出てしまった時に、耳にまで湿疹のようなものができ、それを引っ掻くので、耳が真っ赤に腫れてしまう事があるのです。

 

もともとアレルギーを起こしやすい子も注意が必要ですね。

 

免疫力が他の子よりも弱いのでしょうか?

 

ちょっとしたことですぐにアレルギーを起こしてしまうので、とても気を使います。

 

体質が原因になることもあるようなので、同じような体質のダックスの場合にも十分注意してあげてくださいね。