ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

熱中症

 

熱中症は、夏の蒸し暑い日には特に注意が必要です。

 

人間も夏の蒸し暑い日に外出したり、家の中や車の中で急に温度が上昇した時など、体温が上昇して熱中症になることがありますが、犬も全く同じです。

 

特に足が短いダックスは、地面の温度の影響をモロに受けやすいので、夏の時期には日中のお散歩は避けてあげてください。

 

朝、日が昇る前の涼しい時間や、夜に散歩の時間をずらしてあげるのがいいですね。

 

しかし、家の中にいても熱中症になる場合もあるので、注意が必要です。

 

日中、仕事で留守にしている家庭では、犬が一人で留守番をしないといけませんね。

 

きちんとクーラーをかけていてもカーテンが開いており、直射日光が当たる場所にサークルやハウスを置いた時、犬は逃げ場がないので暑い中に閉じ込められることになります。

 

室内はクーラーが利いていても、犬のいる場所だけ温度が上昇してしまうので、この場合に熱中症になることも多いのです。

 

室内で犬が自由にしていられるなら、日の当らない涼しい場所に避難できますね。

 

サークルやハウスで留守番をさせる時には、直射日光が当たらない場所に、サークルやハウスを置いてあげましょう。

 

体温が急激に上昇するので呼吸困難を起こしたり、意識を失う事もあります。

 

もしも、熱中症の疑いがある時にはすぐに体を冷やし、体温を下げないといけません。

 

全身に水をかけて、濡れたタオルで体を包み冷やします。

 

酷い場合には、タオルで包んだ保冷剤を脇の下や首の後ろに当ててあげましょう。

 

水分補給も忘れずに行いましょう。

 

意識があって落ち着いたら、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

 

意識がない時には、とにかく冷やしすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

 

熱中症が酷い場合には、命を落とすこともある危険な状態であると理解しておきましょう。