ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

膝蓋骨脱臼

 

膝蓋骨と聞くと、何だか難しい病名にも聞こえてしまいますね。

 

簡単に言えば、膝のお皿のことです。

 

この膝のお皿が衝撃などによりずれてしまう事を膝蓋骨脱臼と呼んでいるのです。

 

こう考えると意外とわかりやすいですよね。

 

症状も実に様々ですが、特に小型犬になりやすい病気として覚えておくといいでしょう。

 

大型犬に比べると運動量の少ない小型犬ですが、室内で生活しているために意外な危険も潜んでいるのです。

 

例えば、フローリングですね。

 

一見清潔で過ごしやすいようにも思えますが、犬にとってはとても滑りやすく危険です。

 

室内で追いかけっこやボール遊びをする時には特に注意しておきましょう。

 

急激な方向転換で足を滑らせた時なども注意が必要になります。

 

脱臼しても自然と元に戻ることがあるので、一瞬ビッコを引いていたりしても、そのうち普通に戻っていることも少なくありません。

 

しかし、癖になってしまうと脱臼を繰り返すので、骨が変形してしまう場合もあります。

 

こうなってしまうと手術が必要になることもあります。

 

フローリングの床で生活している場合は、マットなどを敷いて滑りにくくする工夫もしてあげましょう。

 

先天性の場合は、遺伝することから安易な繁殖をするべきではないと考えます。

 

外見からでは判断しにくい場合もあるので、ちょっとでもおかしいと感じたら、まずは動物病院でしっかりと原因を調べるようにしてくださいね。

 

何事もそうですが、早期発見・早期治療が大切です。