ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

糖尿病

 

私たち人間の糖尿病と全く同じように、インスリン不足が原因で犬も糖尿病を発症してしまいます。

 

インスリンという物質は、体内の糖分を細胞に吸収させる働きをもっています。

 

インスリンは脾臓から分泌されているのですが、糖尿病になると脾臓の働きが低下して、必要な量のインスリンを作り出すことができなくなってしまうのです。

 

このため、本来細胞に吸収されるはずの糖分が血液中に流れ出し、様々な症状となって表れてきます。

 

多飲多尿、食欲が増しているのに食べても食べても痩せていくなどの症状があります。

 

糖尿病になると、他の病気との合併症も心配ですね。

 

白内障や膀胱炎、子宮蓄膿症なども糖尿病の合併症として起こる可能性のある病気です。

 

人間同様に糖尿病になったら治療が必要になります。

 

インスリン注射をすれば、生涯に渡って続けていかなくてはいけません。

 

もちろん、生活習慣や食事の内容も変えていく必要があります。

 

これは、人間の糖尿病患者の治療と全く同じですね。

 

犬も適度な運動をしたり、ヘルシーな食生活に改善していかなくてはいけません。

 

大好きなおやつも控えめにしてあげないといけませんね。

 

犬だって糖尿病になれば、それなりに辛い思いもしますし、苦しい思いもします。

 

日ごろから、太らせ過ぎないように食事管理と適度な運動を心掛けましょう。