ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

股関節形成不全

 

股関節形成不全は、太ももの骨と骨盤を結合する股関節の形が異常な状態を言います。

 

股関節が正常に形成されず、変形したりするので、歩き方がちょっと普通と違ってきます。

 

腰をフリフリと振りながら歩いたりすることがありますね。

 

これをセクシーだなどと笑っている人もいますが、実は股関節形成不全だったという事もあります。

 

時には足を引きずるようにして歩いたり、痛そうにしている場合もあります。

 

オスワリをした時に、休めのような座り方をする時にも、股関節形成不全の疑いがあることがあります。

 

原因としては、主に遺伝であると言われていますが、肥満や極端な激しい運動で股関節を痛めてしまう事が原因になることもあります。

 

早い場合は、生後半年以内に症状が現れてきます。

 

このため、骨の形成が完成する1歳〜2歳の間にレントゲン検査を受けるようにしましょう。

 

座り方がおかしかったり、歩く時に何かおかしいと感じたら、検査を受けて原因を確かめておくことも大切ですね。

 

関節に炎症を起こしている場合は、運動制限や食事の管理で症状が改善される場合もありますが、酷くなると外科的処置をしないといけないこともあります。

 

腰を振って歩く、座り方がおかしいなど思い当たることがあった時には、痛みを感じているそぶりを見せなくても調べておくといいかもしれませんね。

 

股関節形成不全になるのは、大型犬が多いと言われていますが、ダックスフンドもなる可能性があります。

 

運動不足で肥満にさせてしまうと、足や腰、背骨に負担がかかり良いことはありません。

 

しっかりと健康管理をしてあげるのも、飼い主としての責任ですね。