ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

進行性網膜萎縮症(PRA)

 

進行性網膜萎縮症とは、目の網膜が正常に機能しなくなる先天性の病気です。

 

進行性網膜萎縮症の原因は主に遺伝なので、進行性網膜萎縮症の犬は繁殖には不向きであり、安易に繁殖をしてはいけないことを覚えておいてほしいと思います。

 

性格も明るく活発だった子が、次第に動くのを嫌がるようになり、散歩やうす暗い所に行きたがらなくなった時、進行性網膜萎縮症であることも珍しくないと言います。

 

この病気になった犬は、最終的に失明してしまいます。

 

ですから、進行性網膜萎縮症であるとわかったら、できるだけ愛犬にストレスを与えないよう、穏やかに暮らせるように配慮してあげましょう。

 

進行性網膜萎縮症で、痛みを感じることはないと言われていますが、室内の家具など慣れ親しんだ環境を変えずにそのままにしておいてあげましょう。

 

ただし、障害物になるようなものを床に置いたりするのは避けて、目が見えなくても動きやすいようにしてあげてください。

 

飼い主さんを常に近くに感じることで、安心することもあります。

 

常に話しかけて安心させてあげましょう。

 

目が見えなくても、お散歩をしたがる子もいます。

 

その場合は、出来るだけ広い場所でゆっくりと歩けるように場所も考えてあげたいですね。