ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

白内障

 

白内障は人間にもある病気で、それと全く同じものと考えていいと思います。

 

白内障は目の水晶体が白く濁り、視力が低下してしまう病気です。

 

進行すると目が見えなくなることもあります。

 

白内障の原因にも色々あると言われていますが、多くは加齢によるものです。

 

犬も年を取ってくると色々と年齢を感じさせる事があり、これも人間と同じです。

 

顔の周りの毛に白髪のような白い毛が生え始めたり、目が白くなってくることがあります。

 

この場合を加齢性白内障といいます。

 

しかし、中には生まれつきのものや、若いうちに白内障になることもあります。

 

主な治療としては、点眼薬や内服薬で進行を抑えていきます。

 

症状がかなり進行していて、視力もかなり低下している場合には、外科的手術を行う事もあります。

 

しかし、白内障だけでなく網膜まで委縮している場合には、手術をしても視力は回復しないために、事前に網膜の検査が必要になります。

 

高齢犬の場合には、体力的にも手術が出来ない場合もあるので、獣医さんとよく相談をして、ベストな方法を考えてあげましょう。

 

糖尿病の合併症で白内障になることもあるので、日頃からの健康管理も大切ですね。

 

早期発見・早期治療は、どの病気にも共通して言えることです。

 

定期的な健康診断をするのも、愛犬にとって必要なことになるので、1年に1回でも健康診断をしておくといいでしょう。