ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

環軸亜脱臼

 

環軸亜脱臼(かんじくあだっきゅう)とは、首の骨がずれて神経を痛めてしまう病気です。

 

具体的な症状としては、首を触ると痛いので嫌がります。

 

犬は首や耳の付け根、顎の辺りを優しくマッサージするようにしてあげると、とても気持ちよさそうな顔をして、もっとやってと催促してくることがありますね。

 

しかし、環軸亜脱臼の場合は首を触ると嫌がるので、初期症状として判断する目安になると思います。

 

症状が進んでいくと、四肢が麻痺することもあり、自力では立っていられなくなってしまう事あります。

 

主な原因としては、遺伝によるもの、第一頸椎と第二頸椎の生まれつきの骨の異常、骨折、怪我などの靭帯の剥離などが考えられると言われています。

 

多くが1歳未満の小型犬に多く発生するので、ダックスフンドもかかる可能性が高い病気として覚えておきましょう。

 

遺伝の場合は、確実に病気を受け継いでしまうので、交配の前によく調べることも大切です。

 

遺伝があるとわかった場合には、繁殖を諦める覚悟も必要ですね。

 

高いところから飛び降りたりすることで、環軸亜脱臼になる場合もあります。

 

環軸亜脱臼と診断されたら、まずは炎症を食い止めるために消炎剤を使った治療をしていきます。

 

炎症が悪化しないように、患部を固定する場合もあります。

 

これで改善されない場合は、手術をして頚椎の固定をすることもあります。

 

環軸亜脱臼の発見が早ければ炎症も軽いので、早期発見、早期治療が大切ですね。