ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

尿路結石症

 

尿路は、尿管・膀胱・尿道などを全て含めた部分を言います。

 

腎臓も尿路に含まれるので、尿路結石症というのは、このどこかに石が溜まる病気として考えるとわかりやすいと思います。

 

結石の大きさも、できる場所も実に様々です。

 

犬の場合は、主に膀胱と尿道に結石ができることが多いようですね。

 

結石は、砂のようにジャリっとしているだけのものもあれば、小石や大きいものになると卵ほどの大きさになることもあると言われています。

 

よく犬の健康のためにとミネラルウォーターを飲ませている飼い主さんがいます。

 

必ずしもミネラルウォーターが原因ではないにしろ、結石の溜まりやすい体質の犬には、尿路結石の原因になる可能性があるので注意が必要です。

 

結石が出来ると尿が出にくくなるので、お腹がパンパンに膨らんできます。

 

また、尿道に石があるので痛みもあり、抱き上げようとすると激痛があるので、嫌がったり噛みついたりすることもあります。

 

結石が出来やすい体質の犬には、専用の療法食などもあるので、獣医さんと相談して試してみるといいでしょう。

 

また、水分不足も尿路結石症の原因になることがあるので、水分補給も心がけてあげましょう。

 

水道のお水でも十分ですが、気になるなら一度沸騰させて冷ましたものを飲ませてもいいですね。

 

結石が小さい場合は、運動することで石が移動して排出されることもあります。

 

尿路結石症の予防には適度な運動も大切ですね。