ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

歯周病

 

人間同様、犬も歯を磨かずに食べ物のカスが残ったままでいると、歯周病になります。

 

歯肉炎を起こし、やがて歯周病になり、歯を支えている骨まで溶かしていくので、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

こうなるまでには、かなり口の中も不衛生な状態が続き、口臭も酷く臭います。

 

子犬の頃から、犬も歯磨きの習慣をつけることが大切なんですね。

 

歯がなくなってしまうと、噛むことができません。

 

缶詰など柔らかいものを食べていればいいと思いがちですが、噛むという事をしないと、唾液も出ないので消化も悪くなり、結果的には健康的にもいいことはありません。

 

噛めなくなれば当然長生きもできないのは、人間も犬も同じなんですね。

 

犬は人間のように入れ歯を使う事はできないので、歯磨きの大切さをよく理解してほしいと思います。

 

歯周病の原因は歯垢です。

 

いわゆる歯の汚れですね。

 

これを歯磨きで取り除いてあげないと汚れが付着したままになり、放置しておくと歯石へと変化していきます。

 

歯石になってしまうと歯磨きでは取ることができないのと、どんどん奥に進行していくので、最終的には歯槽膿漏になり、骨を溶かして歯が抜け落ちることになります。

 

常に不衛生な口でいれば、内臓にも悪い影響を与えてしまいます。

 

スケーリングと言って、歯石を除去する治療をする場合、犬は全身麻酔が必要になります。

 

高齢犬の場合は麻酔に耐えられるだけの体力がないと、スケーリングも難しくなってきます。

 

一番の予防は、歯磨きの習慣ですね。

 

歯ブラシを使うのが困難であれば、歯磨き効果のあるガムやおもちゃでも使わないよりは効果があるので、習慣にしておきましょう。