ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

子宮蓄膿症

 

子宮蓄膿症は、子宮に膿が溜まる病気です。

 

子宮蓄膿症は、命を落とす可能性が高いとても危険な病気です。

 

私の愛犬は子宮蓄膿症で亡くなったので、あなたにもこの病気の恐ろしさを知ってほしいと思っています。

 

子宮蓄膿症は、子宮を持って生まれたメス犬であれば、どんな犬もなる可能性がある病気です。

 

子宮内の細菌感染で膿が溜まり、子宮が膿でパンパンになってしまいます。

 

症状が出た時にはすでに手遅れなこともあるとても怖い病気です。

 

いつもより異常なくらいたくさんお水を飲み、オシッコも量が増え、変な臭いがします。

 

お腹は子宮内が膿でいっぱいなので、膨らんできます。

 

運が良ければ膿が膣から出てきてすぐに判断できますが、膿が出てこずにお腹の中で子宮が破裂してしまい、死んでしまうこともあります。

 

膿が出ていると気づいたら、一刻も早く病院に連れて行くことが必要です。

 

症状が軽い場合は内服薬での治療も可能ですが、子宮摘出が確実であると言われています。

 

この病気の予防法はたった一つ、避妊手術しかありません。

 

一度でも出産を経験していれば、子宮蓄膿症になる可能性も低くなると言われていますが、ゼロになるわけではありません。

 

犬は生理の時に陰部を舐めていますね。

 

これが細菌感染の原因になることがあります。

 

生理の時には抵抗力も低下していますので、できるだけ舐めないようにパンツをはかせるなど注意をしておきましょう。

 

でも、やはり避妊手術をするのが一番の予防であり、他のメス特有の病気の予防にもなります。

 

手術をするのが可哀そうだと思うか、子宮蓄膿症になってから後悔するかは飼い主さん次第です。

 

何が本当にいいのかを考えてみてください。