ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

乳腺腫瘍

 

乳腺腫瘍とは、わかりやすく言えば、おっぱいしこりのことですね。

 

しこりが悪性の場合は、乳がんということになります。

 

乳腺腫瘍の主な原因は、性ホルモンが関係していると言われています。

 

乳腺炎を起こしやすい子は、注意が必要になります。

 

手で確認できないしこりもある場合があるので、一つでも乳首の周りにしこりが見つかったら、すぐに病院で検査をしておくことをオススメします。

 

しこりは一つだけではなく、何個かまとまって出来る場合もあります。

 

悪性の場合は、乳癌なので他の臓器に転移する可能性もありますし、命を落とすこともあります。

 

ただの乳首のしこりと安易に考えるのは危険です。

 

例えば、右の一番上の乳首に乳腺腫瘍が見つかった場合、手術で取り除いでも、また他の右側の乳首に再発する可能性が高くなります。

 

乳腺腫瘍の手術をする際に、同時に避妊手術をすることで、再発も防ぐことができますし、他のメス犬特有の病気の予防にもつながります。

 

我が家のワンコも子宮蓄膿症になった時に、おそらくそれが原因で乳腺腫瘍にもなっていました。

 

子宮摘出の手術と同時に乳腺腫瘍の手術もしてもらい、乳首がなくなってしまった部分もありますが、今のところ再発もなく元気にしています。

 

まだ避妊手術をしていない子は、毎日のスキンシップも兼ねてボディチェックもこまめに行いましょう。

 

ちょっとでもしこりを確認したら、すぐに動物病院で相談することをオススメしておきます。