ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ジステンパー

 

犬には犬特有の伝染病がいくつかありますが、その中の一つがジステンパーです。

 

犬ジステンパーとも言われています。

 

このウイルスに感染すると、一見風邪のような症状が現れます。

 

きちんとワクチン接種を受けているワンちゃんの場合は、ジステンパーウイルスに対する抵抗力が付いているため、万が一ジステンパーウイルスに感染しても、咳が出るなどの軽い症状で済みます。

 

しかし、ワクチン接種を受けていない成犬や、免疫力の低い子犬の場合は、確実に症状が現れてきます。

 

まず、熱が出てくしゃみや鼻水を出します。

 

風邪をこじらせてしまったような症状と言えばわかりやすいですね。

 

当然、食欲もなくなってきます。

 

下痢や嘔吐もあり、酷くなると神経系をウイルスに侵されてしまうので、脳髄炎を起こし神経症状も現れてきます。

 

ウイルスに対する抵抗力の低い子犬は、最悪死んでしまう事もある恐ろしい病気の一つです。

 

ジステンパーに感染した場合、残念ながら特効薬のようなものがないため、点滴や抗生剤を投与しながら様子を見ていくしかありません。

 

ジステンパーは接触感染か、犬のくしゃみや咳でウイルスが飛散し、飛沫感染が主な感染経路です。

 

予防には、ワクチン接種が一番効果があることがわかっています。

 

成犬の場合は、1年に1回、子犬の頃特は抵抗力もないため、最初の2回〜3回のワクチン接種が大切です。