ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

犬コロナウイルス感染症

 

犬コロナウイルス感染症は、犬コロナウイルスに感染することで腸炎を起こす病気です。

 

成犬の場合は、特にこれといった症状もなく感染しても特に心配はいりませんが、子犬の場合は下痢や嘔吐といった症状が現れます。

 

感染経路は主に接触感染になります。

 

犬コロナウイルスに感染している犬のフンに触った場合などに感染しますので、散歩の時には放置してあるフンには近づかないように注意しましょう。

 

万が一、犬コロナウイルスに感染してしまった場合でも、成犬なら症状は出ません。

 

子犬の場合は、単独感染なら、1日点滴をして栄養のある食事を与えることで、回復も早いのでそれほど心配はないでしょう。

 

しかし、他の病気を併発している場合は注意が必要ですし、早急に適切な治療を受ける必要があります。

 

犬コロナウイルス感染症の予防は、ワクチン接種が一番効果的です。

 

成犬の場合は、感染しても症状がほとんどなく、命にかかわることもないと言われていますが、その分気付かないうちにウイルスをまき散らしている事も考えられます。

 

この場合にも、ワクチン接種を受けていることが大切なこととわかりますね。

 

子犬の場合は、成犬に比べて、抵抗力や体力があまりありません。

 

命にかかわるような病気ではないといっても、二次感染の恐れもあるので、十分な予防も大切になります。

 

ワクチン接種後も数日間は、他の犬との接触を避けるなど注意をしておきましょう。