ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

回中症

 

回中症は、回虫という寄生虫の影響で下痢などの症状が出る病気です。

 

母犬が回中症の場合は、胎盤感染やお乳を飲む時に乳汁感染することもあります。

 

子犬の場合、回中症になると下痢や嘔吐の他に、お腹がパンパンに膨らむといった症状が出ます。

 

回中症の場合、駆虫薬を飲ませ駆虫をしていきますが、1回では駆虫出来ないことも多く、定期的な検査も必要になってきます。

 

子犬の場合は、下痢が酷くなる傾向にあるので、下痢止めなども一緒に飲ませることが多いですね。

 

人間でもそうですが、下痢をしている時には、普通に食事をさせることで、下痢が長引くこともあります。

 

あまりにも酷い場合は、1回か2回食事の量を減らすことも必要になるので、動物病院でよく相談してみてください。

 

また、多頭飼いで回中症があった場合は、全ての犬にも感染している可能性もあります。

 

念のため、全ての犬にも駆虫薬を飲ませる必要が出てくるかもしれません。

 

母犬から感染する以外に、他の犬のフンからの感染も考えられます。

 

散歩の時に放置してあるフンにむやみに近づかせないよう、十分に注意も必要になってきますね。

 

回中症の場合、症状が出ないことも多いので、自分の犬が回中症に感染していても気づかないこともあります。

 

とは言え、散歩の時にフンの後始末をしなくていい理由にはなりません。

 

飼い主のマナーとして、きちんと後始末をしましょう。