ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ニキビダニ症

 

ニキビダニ症は、別名を「アカラス症」、「毛包虫症」などとも呼ばれています。

 

ニキビダニが皮膚に寄生することで、脱毛、痒み、皮膚のただれなどの症状が出てきます。

 

最初は顔や手足だけといった部分的に症状が出るのですが、徐々に広がり最終的には全身に広がっていきます。

 

犬であれば皆持っている回虫ですが、免疫力や抵抗力が低下している時に発生することもあります。

 

ストレスで体調を崩し、それが結果的に免疫力を低下させてしまう原因になることをご存じですか?

 

犬も人間同様にストレスが与える影響が大きいと理解しておくことも大切です。

 

子犬の場合は、母子感染をするので、一時的にニキビダニ症が出ても、成長ととも自然に回復していくケースが多いようですね。

 

しかし、成犬になってから何らかの原因で発症すると治療も困難になってきます。

 

猛烈なかゆみを伴うので、全身を引っ掻いて皮膚を傷つけてしまいます。

 

こうなってしまうと二次感染を起こします。

 

すると炎症を起こしたり、引っ掻いた部分が化膿してしまうので、全身の皮膚がただれていきます。

 

駆除剤や薬浴で根気よく治療していくことが大切です。

 

ニキビダニ症の予防には、子犬の時の健康管理、そして衛生面にも注意することが大切です。

 

ニキビダニ症は、早期発見・早期治療が大切になってきますので、少しでも異常を発見したら、すぐに動物病院で検査を受けることをオススメします。