ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

被毛のケア

 

ダックスには、3種類の毛並みがあります。

 

スムースヘアー、ロングヘアー、ワイヤーヘアーです。

 

それぞれに、特徴があり魅力もあります。

 

どの毛並みでもブラッシングでのケアが基本になります。

 

使うブラシは、毛並みによって変わってきますが、ブラッシングをすることで、皮膚に適度な刺激を与え、血行が良くなります。

 

血行が良くなれば、代謝もアップするので、健康面にも良い影響を与えてくれますね。

 

毎日のブラッシングで毛にツヤも出てきます。

 

我が家のダックスは皆ロングヘアーですが、ちょっとでもサボると耳のやわらかい毛が毛玉になってしまいます。

 

体用のブラシと、耳のやわらかい毛をとかすブラシを使い分けるなどの工夫も大切ですね。

 

毛の生え換わる時期には、いつもより念入りにブラッシングをしないといけません。

 

とかしても、とかしても、エンドレスで毛が抜けます(笑)

 

抜けた毛を集めて新聞紙の上に置くと、丸々1匹分のぬいぐるみができるんじゃないかというくらい大量に毛が抜けます。

 

普段に使うブラシ以外に、毛が生え換わる時期にアンダーコートがよく取れるブラシを使い分けています。

 

アンダーコートが十分に取れていないと、皮膚病の原因にもなるので、しっかりとブラッシングをしてあげたいですね。

 

スキンシップも兼ねて、1日1回犬に話しかけながらブラッシングタイムを作ってあげましょう。