ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

耳のケア

 

ダックスのように耳が垂れている犬種は、汚れやすく耳のトラブルも多くなるので注意しましょう。

 

耳掃除も大切なケアの一つになります。

 

耳の中はとてもデリケートなので、耳掃除をする時には十分に注意してくださいね。

 

私は以前に決して悪気はなかったのですが、キレイにしようと夢中になり、綿棒で耳の中を掃除していた時、つい力が入ってしまい、綿棒に血がにじんでいたことがありました。

 

じっと我慢をしていたワンコも、その時ばかりは「キャン」悲鳴をあげていました。

 

耳の中はとてもデリケートなんだとこの時知りました。

 

なので、耳掃除には力は必要ありません・・・。

 

耳の中を毎日掃除しなくてもいいと思います。

 

耳専用の洗浄液をコットンにしみ込ませて、耳の周りを軽く拭き取り、耳の中は1週間に2回〜3回くらいのペースで掃除をしています。

 

最初に綿棒に耳垢がそれほど付いていなければ、耳の周りだけを拭き取るくらいで十分だと思います。

 

ただし、犬の体質にも個体差があるので、耳垢にも色々なタイプがあります。

 

以前、耳掃除の仕方が悪く外耳炎になってしまった子がいました。

 

この時には、動物病院で治療をしながら耳掃除の仕方も教えてもらいました。

 

汚れが酷い時は、綿棒を使うよりも、洗浄液を耳の中に入れて、自然に汚れが浮き出てくるのを待つ方が簡単で安全なのでオススメです。