ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

爪のケア

 

爪切りは大切なケアの一つです。

 

毎日散歩をして、アスファルトの上を歩いていても、爪は伸びてきます。

 

犬の爪は伸びてくると丸くなるので、そのままにしておくと肉キュウに食い込みますし、きちんと踏ん張ることができないので、爪切りは定期的に行いましょう。

 

爪が長く伸びていくにつれて血管も伸びてくるので、ちょっと切っただけでも出血をしやすくなってしまいます。

 

ダックスの爪も毛の色によって、黒い爪と白い爪があるのを知っていますか?

 

爪が白いと血管もよく見えるので、切り過ぎてしまう事はほとんどありません。

 

しかし、爪が黒い場合は血管が見えないので、切り過ぎには注意が必要です。

 

いきなり多めに切るのではなく、少しずつ様子を見ながら切っていくといいですね。

 

どうしても自分で上手にできない場合は、トリミングの時に爪切りもしてもらえますし、動物病院でも爪切りだけやってもらう事ができますので、自信がない場合はお任せしてしまいましょう。

 

私は、爪切りの時に足の裏の毛や、少し伸びた手足の先の毛もカットしています。

 

肉キュウの周りの毛って意外と滑りやすいし、トイレでおしっこを踏んだりすることもあるので、不衛生になりがちですね。

 

爪切りの時に長く伸びた余分な毛もカットしておけば安心です。

 

ハサミを使うのが怖いので、私は部分用のバリカンを使っています。

 

手に当てても切れないし痛くないので、簡単にカットすることができますよ。