ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

肛門線絞り

 

肛門線絞りは、大切なケアの一つになります。

 

定期的にトリミングに出している人なら、トリミングの時に肛門線絞りもやってもらえるので、その時にお願いしておけば安心ですね。

 

私は自分でやってみたことがありますが、コツをつかむまでなかなか難しく、やり方が悪いとワンコは痛がり、逃げてしまいます。

 

上手にできたとしても、分泌液が手につくと、ものすごい強烈な臭いがして、石鹸で洗っても簡単に消えないほど臭いです(笑)

 

いくら可愛い愛犬のものでも、あの臭いだけはちょっと困ります。

 

自分で肛門線絞りをする場合は、使い捨てのゴム手袋を使う事をオススメします。

 

一般的には、肛門の4時と8時の辺りをつまみあげ、絞るようにすると分泌物が出てきます。

 

でも、実際にやってみるとこれがなかなか難しく、思うようにいきません。

 

そういう時には、無理にやろうとせず、動物病院でお願いすることもできるので、無理な場合はプロにお願いしてみましょう。

 

目安としては、お尻を床に擦りつけるようなしぐさをすることがありますが、これは肛門線が溜まっているからと聞いたことがあります。

 

排便の時に自然と出る場合もありますが、溜まり過ぎると肛門腺が破裂してしまう事もあるそうです。

 

だいたい1ヶ月に1回程度絞ればいいので、定期的に肛門線絞りをしてあげましょう。