ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドのシャンプーの仕方

 

私が初めて愛犬のシャンプーをした時は、最初のワクチンが済み、しばらくしてからだったと思います。

 

元々小さい体が濡れると毛がペタンとなって、余計に小さく見えたのを覚えています(笑)

 

シャンプーの仕方もコツさえつかんでしまえば意外と簡単なので、挑戦してみてくださいね。

 

シャワーの温度はちょっとぬるいかな?と感じる35度〜36度がいいでしょう。

 

ちょうど私たち人間の体温と同じくらいですね。

 

暑い夏場は、もうちょっと低くてもいいし、寒い冬場は少し温かめでもいいでしょう。

 

冬場は特に浴室の温度も考えて寒い思いをさせないようにしてあげましょう。

 

シャンプーの前に軽く全身をブラッシングして、ほこりなどを落としておきます。

 

シャワーをかける時は、足元から少しずつぬらしていきます。

 

驚かさないように、水圧も調節しながらぬらしていってあげてくださいね。

 

シャンプーを使う時、私は洗面器にシャンプー液を作り、あらかじめ軽く泡だててから使っています。

 

こうするとムラにならず均等に全身を洗う事ができるので、初めてシャンプーする人にも簡単でオススメです。

 

リンスを使う場合も同じようにするといいですよ。

 

洗い流す時も、足元から始めてくださいね。

 

耳の周りを洗う時には、耳に水が入らないように、手で耳を押さえながら注意深く洗い流していきます。

 

洗い残しがあると痒がることがあるので、しっかりと洗い流してあげましょう。

 

洗った後はタオルで水気を取り、毛先だけでなく、根元までしっかりとドライヤーで乾かしてあげましょう。