ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンド×パグ

 

ダックスフンド×パグのミックス犬は、最近人気のミックス犬です。

 

パグダックスなどと呼ばれていますね。

 

ダックスの胴長短足の部分と、パグのクシャっとしたまん丸い顔を受け継ぐと、何とも言えない可愛い子犬が産まれることもあります。

 

ミックス犬の場合は、JKC(ジャパンケンネルクラブ)が認めていない種になるので、血統書は発行されません。

 

なので呼び名は正式名ではなく、自由になっているようですね。

 

他の人とは違うオリジナルにこだわるあまり、本来存在しないミックス犬を興味本位で作りだすのには、個人的には反対です。

 

しかし、たまたまダックスとパグを飼っていて、その間に生まれたというのなら仕方がないと思います。

 

でも、しっかりと避妊や去勢をしなかった責任もあるので、最後まで責任を持ってほしいと思います。

 

ミックス犬に関しては、賛成派と反対派の意見が大きく分かれています。

 

雑種は丈夫だという考え方がありますね。

 

確かに、健康で丈夫なダックスとパグを親に持って産まれたパグダックスなら、丈夫で健康な子犬が生まれる可能性も高くなるでしょう。

 

しかし、興味本位でお互いの遺伝子やキャリアも調べずに、安易に交配させて産まれてくる子犬の中には、病気をそのまま受け継いでしまう子もいるのです。

 

産まれてすぐには健康で元気そうに見えても、後になって病気が出てくるかもしれません。

 

見た目の可愛さだけでミックス犬を求めるのは反対ですが、やむを得ない事情で生まれた場合には、きちんと愛情を注いてあげてほしいと思います。