ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンド×キャバリア

 

ダックスフンド×キャバリアのミックス犬は、キャバックスなどと呼ばれています。

 

ダックスが入っていると、どうしても胴長になる傾向が強いようですね。

 

ダックスフンド×キャバリアの場合は、キャバリアの顔をしたダックスと言えばわかりやすいと思います。

 

足の短いキャバリアといういい方もできるかも?(笑)

 

私が見たダックスフンド×キャバリアのキャバックスは、目がクリクリっとしたとても可愛い子でした。

 

ちょっと鼻の短いダックスと言えば、皆ダックスと思うかもしれませんね。

 

興味本位の安易なミックス犬を作るのには反対ですが、きちんとキャリアや遺伝子のことを考慮し、その上でのミックス犬なら、あってもいいと思います。

 

もちろん、これには両親ともに遺伝子系の病気を持っていない健康な犬であるという条件がつきますけどね。

 

我が家にはダックスを多頭飼いしており、私自身ダックスが大好きですが、ダックスフンド×キャバリアのキャバックスも可愛いなと思いました。

 

ダックスも目が大きく、クリクリとした目が魅力的ですが、キャバリアもダックスに負けないくらいの大きな目をしていますね。

 

どちらに似ても、このクリクリの目を受け継ぐのかもしれません。

 

私が見たキャバックスはレッドでしたが、ブラックの子犬のキャバックスも見つけました。

 

カラーによっても、また雰囲気が変わりますね。

 

お顔はやっぱり大きな目のとても可愛い子でした。