ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドのオスとメスはどちらが飼いやすいですか?

 

ダックスフンドのオスとメスはどちらが飼いやすいかについは、各家庭の事情や仕事、飼育環境にもよるので、最終的に決めるのは飼い主さん自身です。

 

一般的にはオスの方が性格がおっとりしている子が多く、メスの方がお転婆ちゃんが多いと言われています。

 

しかし、ダックスに限らず、どんな犬にも個体差というものがあります。

 

実際に私もダックスの多頭飼いをしていますが、同じ両親犬から生まれた兄妹犬でも、全く性格が違います。

 

確かにオスの方がおっとりしていて、誰とでも仲良くなってくれるというのは当たっているかもしれませんね。

 

メスの方がちょっと気難しく、喧嘩をするのも決まってメス同士なんてこともあります。

 

でも、オスでも暴れん坊できかん坊で、一瞬たりともじっとしていないスーパーボールのように飛び跳ねている元気いっぱいの子もいます。

 

メスでも性格がおっとりしていて警戒心が全くない、のんびり屋さんもいたりします(笑)

 

元々持って生まれた性格もありますし、しつけも関係してくると思います。

 

できれば、子犬を決める時には性別だけでなく、実際に子犬に会って性格を見極めるといいでしょう。

 

母犬の性格や、父犬の性格も聞いておくといいかもしれませんね。

 

犬も人間と同じで、親に性格が似るので参考になると思いますよ。

 

メスには生理がありますし、オスはマーキングをする習性があります。

 

これに関しては、子供を産ませる予定がないのであれば、避妊手術や去勢手術をすることで対処することができます。

 

将来的な病気予防にもつながるので、検討してみてくださいね。