ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

先住犬がいてもダックスフンドを飼えますか?

 

もちろん、先住犬がいてもダックスフンドを飼うことは可能です。

 

ただし、先住犬の性格などを十分考えた上で、子犬を決めることが大切になります。

 

もしも先住犬が性格も穏やかで、どんな犬とも仲良くやっていける子なら特に問題はないでしょう。

 

先住犬の性格が神経質で繊細な子の場合は、子犬がやって来ることでストレスを与えてしまう事も考えられます。

 

子犬で大人しくじっとしている子はなかなかいませんね(笑)

 

どうしても先住犬に遊んでほしくて、ちょっかいを出したりします。

 

先住犬の性格や、子犬との相性をよく考えてあげてください。

 

そして、一番大切なことは、何をするにも先住犬を優先させるという配慮です。

 

子犬は小さいし、見た目も可愛いので、ついかまってしまいたくなりますね。

 

でも犬はそういう飼い主さんの行動をしっかりと見ています。

 

飼い主さんの犬に対する接し方で上下関係を学ぶこともあるので、まずは先住犬を優先させましょう。

 

ご飯やおやつをあげる時、遊ぶ時でも、最初に先住犬を先にします。

 

その後に、後から来た子という風にしっかりと順番を決めていきましょう。

 

こうすることで、犬にも上下関係を示すことができますね。

 

子犬ばかりをかまってしまったり、子犬に先にご飯をあげてしまうと、子犬も自分の方が立場が上なのだと勘違いし、先住犬を敬わなくなってしまいます。

 

こうなってしまうと、先住犬がいじけてしまうので、飼い主さんの接し方にも注意が必要ですね。