ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドの毛をカットしても大丈夫ですか?

 

ダックスフンドの毛の種類にもよりますが、主にトリミングが必要になるのは、ワイヤーヘアーとロングヘアーのダックスですね。

 

ワイヤーヘアーの場合は、なかなか素人ではケア出来ないので、トリミングに出すのが一般的になっています。

 

ロングヘアーの場合でも、毛先をカットするだけだったり、手足の毛やお尻の周り、肉キュウの周りの毛なら自分でもカットすることができます。

 

ダックスフンドの毛については、カットの仕方にも注意が必要ですね。

 

例えば、夏なら犬も暑いので、サマーカットのように毛を短くカットすることもあるでしょう。

 

サマーカットをした後は、犬も涼しくなるのでしょうね。

 

毛があった時には、ハァハァとしていることもありますが、サマーカットの後はとても気持ちよさそうにしています。

 

でも、サマーカットを冬にしてしまうと寒くて風邪を引かせてしまう原因にもなるので、季節も考えてカットしてあげることが大切です。

 

我が家のダックス達は、夏になるとロングヘアーをスムースのようにほぼ丸刈りにしています。

 

皆快適に過ごしているようなので、毎年恒例になっています(笑)

 

寒くなる頃には、それぞれ毛の生えるスピードに若干違いがあるものの、元の長い毛に戻ってきます。

 

ただし、中にはいきなりサマーカットの丸刈りにしてしまうと、毛が生えにくくなってしまう事もあるようなので、カットする前にはトリマーさんに相談してみるといいと思います。

 

様子を見て大丈夫そうなら、丸刈りに挑戦してみてくださいね。