ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドは甘えん坊って本当ですか?

 

結論から言えば、ダックスフンドは甘えん坊です。

 

ただし、ダックスにも色々な性格があり、個体差があるので全てのダックスが甘えん坊とは限りません。

 

中には猫のようなマイペースな性格の子もいたりします。

 

でも基本的には、やっぱり甘えん坊の子が多い気がします。

 

甘えん坊なので上手にしつけていけば、飼い主さんに従順で素晴らしいパートナーになってくれます。

 

しつけ方を間違えてしまうと、甘えん坊の暴れん坊になってしまう事もあるので、しつけはしっかりとメリハリをつけて行うようにしましょう。

 

甘えん坊な性格なので、いつも飼い主さんとくっついていたいという子もいます。

 

ソファーに腰掛け、横に犬がいる時、ふと膝の上に顎を乗せてきたり、抱っこしてとばかりに尻尾を振って待っていることもよくあります。

 

大人しく横で寝ていてくれる時でも、必ず体のどこかを私にピッタリとくっつけています。

 

そんな時には、ちょっとイジワルをして、わざと離れてみたりするのですが、気づくとまたピタッと寄り添ってきます(笑)

 

これも甘えん坊な性格なのでしょうね。

 

スタンダードのダックスは、特に飼い主さんに対する愛情が深いと言われています。

 

甘えん坊さんの子でも、きちんとしつけていけば聞き分けのいいお利口さんになるので、子犬のうちからしつけはしっかりと行うようにしましょう。