ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドは何キロ以上太ったら肥満ですか?

 

スタンダードダックスといっても、体型や体格には個体差があります。

 

JKC(ジャパンケンネルクラブ)の規定では、スタンダードダックスは、次の通りです。

 

体重9kg〜12kg、胸囲が35cmを超える。

 

これがスタンダードダックスの目安になります。

 

でも、スタンダードダックスの中でも、骨格の大きい子になると、体重ももっと増えてきますし、胸囲もさらに太くなってきますね。

 

でも、元々の骨格が大きいので、体重が仮に15kgあったとしても肥満ではありません。

 

体重で判断するのではなく、体格なども考慮した上で、その子のべスト体重を見極めることも大切だと思っています。

 

骨格の大きい子で、べスト体重が15kgだったとしましょう。

 

いくら骨格が大きいからといっても、食べ過ぎや運動不足が続けば20kgくらいになってしまう事もあるでしょう。

 

かなり極端な例になりますが、こうなってしまったら明らかに肥満といっていいでしょう。

 

もう一つ、骨格以外にも肥満かどうかを見分けるポイントがあります。

 

犬を上から見てみましょう。

 

ウエストにくびれはありますか?

 

犬に触った時に、かすかに手にあばら骨や背骨を確認できますか?

 

ウエストにくびれがなく、骨も確認できない場合は、やや肥満気味といってもいいと思います。

 

この場合は、明らかにべスト体重よりも増えていると思いますので、体型なども確認しておくことも大切ですね。