ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドが胴長で短足なのは何故ですか?

 

ドイツ語では、アナグマをダックスと言い、犬をフンドと言います。

 

ドイツが原産国という事から、ダックスフンドと呼ばれるようになりました。

 

ダックスは元々アナグマを追う猟犬として活躍していた犬です。

 

アナグマは地面に穴を掘り、その穴の中で生活しています。

 

アナグマの巣穴は狭く細長いので、胴長で足の短い方が行動しやすいことから、今のダックスのトレードマークでもある胴長短足の犬が誕生したと言われています。

 

ダックスのマズルが長いもの、アナグマ狩りに必要な形だったという事になります。

 

元々はスタンダードダックスのスムースが基本でしたが、鳥猟犬のスパニエルをかけ合わせて、ロングヘアーのダックスが誕生しました。

 

ドイツではワイヤーヘアーのダックスが一般的で、現在も猟犬として多くのワイヤーダックスが活躍しています。

 

アナグマだけでなく、ウサギ狩りにも使われているようですね。

 

より小さい巣穴にももぐりこんで行けるようにと、ダックスの中でも小柄なダックスをかけ合わせ、ミニチュアダックスやカニンヘンダックスが改良の結果誕生しました。

 

日本では飼育頭数が一番少ないスタンダードダックスですが、元々の基本系でもあるのもこのスタンダードですね。

 

ダックスがいたずら好きで、お庭によく穴を掘るのも猟犬の気質を持っているからなのでしょうね(笑)