ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドの種類

 

ダックスと聞いた時どんな姿のダックスを思い浮かべますか?

 

きっと大半の人が今主流になっているミニチュアダックスを思い浮かべるのではないでしょうか?

 

ダックスフンドには、スタンダードダックス、ミニチュアダックス、カニンヘンダックスの3種類があります。

 

全てのダックスの基本形とも言えるのが、スタンダードダックスですね。

 

私がこの目で初めてスタンダードダックスを見たのは、あるドッグショーでの事でした。

 

我が家ではミニチュアダックスを多頭飼いしているので、ミニチュアダックスのサイズになれていたという事もあり、目の前にスターンダードダックスが現れた時の第一印象は「デカイ!」でした。

 

でも、とてもおおらかで堂々としているその姿は思わず見とれてしまったほどでした。

 

小型犬に比べると、大型犬の方が性格が穏やかになる傾向にありますね。

 

きっとスタンダードダックスもそうなんじゃないかな、と勝手に思っています。

 

ダックスの大きさを数字で見分ける時、一番わかりやすいのが胸囲です。

 

スタンダードダックスは、胸囲が35センチ以上です。

 

ミニチュアダックスは胸囲が35センチ以下、カニンヘンは胸囲が30センチ以下という定義になっています。

 

理想体重を見ても分かりますが、スタンダードは9kg〜12kg、ミニチュアが4.5kg〜4.8kg、カニンヘンは3kg代という風に、どれだけ大きさが違うかも想像できますね。

 

体重に関してはショードッグの基準なので、一般家庭のダックスはこれより若干多めになっております。