ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

飼育頭数を確認する

 

ダックスフンドの購入で失敗しないためには、飼育頭数を確認するという事も大切なポイントです。

 

これは、主にブリーダーから子犬を購入する場合に必要なことですね。

 

まず、最初にブリーダーのところへ連絡をして、ダックスの子犬を欲しいと思っていること、犬舎の見学をさせて欲しいことなどを伝え、見学が可能であるかどうかを確認してみましょう。

 

この時点で見学を断るようなブリーダーはやめて、他のブリーダーを探すことをオススメします。

 

もしかしたら飼育環境を人に見せたくないのかもしれません。

 

次にその犬舎には、どのくらいの親犬がいるのかも質問してみましょう。

 

犬舎の規模やスタッフの人数にもよりますが、あまりにも膨大な数の場合は、本当に個々に手入れが行き届いているのか、と余計な心配もしてしまいますね(笑)

 

犬舎を切り盛りしているのは大抵個人になります。

 

夫婦や家族で経営していても、20頭前後が理想の飼育頭数だと思います。

 

飼育頭数の多さを売りにしているような犬舎の場合は、どうしてもお金儲け第一主義のように思えてしまうという部分もあります。

 

1頭、1頭に愛情を注ぎ手間をかけているのなら、管理できる頭数には限界がありますからね。

 

だからこそ、どのくらいの飼育頭数なのかも確認しておきたいポイントです。

 

20頭というのは目安なので、もう少し多い場合もあるでしょう。

 

実際に自分でそこの犬舎に足を運び、自分の目で確かめてみるというのも必要になります。