ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

誤飲誤食を防ぐ

 

子犬は、目に入るもの全てとりあえず匂いを嗅ぎます。

 

それでもよくわからな時は、口に入れてみます。

 

それが美味しいものだったらモグモグ食べてしまいますし、美味しい匂いもしない硬いものならペっと口から出すでしょう。

 

でも、中には口に入れたものは、全て飲み込んでしまう子もいます。

 

飼い主さんが、すぐ気付いて取り出せればいいのですが、もしも危険なものを飲み込んでしまったら・・・。

 

取り返しのつかないことになる可能性もゼロではありません。

 

まずは、誤飲誤食を防ぐために家の中をキレイに片づけましょう。

 

床に物が落ちていて、それを犬が誤飲誤食してしまったら、それは飼い主さんの責任です。

 

まずは、床や犬の手が届くところに、物を置かないというのを徹底させましょう。

 

犬のおもちゃやガムを食べたり、くわえて遊んだりするのは問題ありません。

 

でもシャツから取れたボタンや小さい電池は口に入れてはダメと教えても、犬には理解できません。

 

誤飲誤食してしまい、運よく排泄されればそれでもいいでしょう。

 

ボタンや電池が気管をふさいでしまったら?

 

呼吸ができなくなります。

 

腸まで届いてそこで詰まってしまったら?

 

腸閉塞を起こします。

 

結果は言わなくてもおわかりですね。

 

実際に、誤飲誤食で命を落としてしまう子犬はとても多いのです。

 

誤飲誤食を防ぐために、床に物を置かない、子犬の手の届くところに物を置かないことを徹底しましょう。