ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

寒さ対策をする

 

子犬のうちは、特に上手に体温調節ができないので、寒い冬は飼い主さんが寒さ対策をしてあげましょう。

 

まず、家の中の温度ですが、温かい空気は上に溜まりますね。

 

人間が快適な温度でも、いつも床に近いところにいる犬にとっては寒く感じているかもしれません。

 

床暖房やホットカーペットがあれば犬もホクホクと温かく過ごせますね。

 

寒い冬は犬にとっても寒いのです。

 

お散歩の時には、犬用のコートやジャケットもあるので、そういうものを着せて寒さ対策をする事もできます。

 

寝る時には、室内の暖房もスイッチを切って寝ますね。

 

本当はイケナイとされていますが、一緒に寝るなら温かいので大丈夫でしょう。

 

ココだけの話、私は一緒に寝ているので、お互いポカポカです(笑)

 

もしもワンちゃんを自分のハウスで寝かせるなら、子犬のうちはペット専用ヒーターなどで温かくしてあげてください。

 

毛布だけでも、ないよりは温かいのですが、子犬にとっては寒いと感じるでしょうし、風邪を引いてしまうかもしれません。

 

使い捨てカイロや湯たんぽは、タオルに包んだとしても、知らない間にむき出しになってしまえば、低温やけどをさせてしまうので危険です。

 

ペット専用のヒーターが活躍するのでオススメです。

 

日中の寒さ対策の目安として、犬が丸まって寝ている時は少し寒い時です。

 

お腹を出して大の字で寝ている時は、快適な証拠なので目安にしてみてください。