ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

フローリングは避ける

 

ダックスは室内で過ごすことが多いので、室内の環境にも気を配ってあげましょう。

 

フローリングもその一つになります。

 

一見清潔で掃除もしやすいので、私たちにとっては便利なフローリングですが、犬にとっては危険がいっぱいなんですね。

 

楽しく遊んでいる時に、つい興奮して部屋中を走り回ることがありませんか?

 

何をそんなに・・・と、飼い主も思わず遠い目で見てしまう事があります(笑)

 

この時によくあるのが、フローリングで滑って転んでしまう事です。

 

転んでも何もなければいいのですが、ダックスの胴長の体型は捻ったりすることで、腰や背骨にかなりの負担を与えてしまう事になります。

 

転び方が悪ければ関節を痛めたり、膝のお皿がずれたり、骨折してしまうこともないとは言い切れません。

 

どうしても滑りやすくなってしまうので、フローリングの場合は、カーペットやマット、ラグを敷いて少しでも滑らないように工夫してあげましょう。

 

こうしておけば、爪でフローリングの表面が傷つくこともないし、犬も滑りにくくなるので怪我をさせる心配もなくなり、一石二鳥ですね。

 

ただし、毛足の長いカーペットやループ状になっているものの場合、爪を引っかけてしまう事がよくあります。

 

カーペットを選ぶ時には、素材や清潔を保つためにも、掃除のしやすさなども考えて選ぶといいですね。