ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

毎日スキンシップを取る

 

犬とスキンシップを取ることは、とても大切なこです。

 

犬と一緒に生活していく上で、お互いの信頼関係はなくてはならない事ですね。

 

犬に信頼されている飼い主にならないと、しつけも上手くいきません。

 

犬に信頼してもらうための一つの方法として、毎日スキンシップを取る事を欠かさず行いましょう。

 

子犬のうちは毎のスキンシップを通じて、しつけも自然とできていることがあります。

 

例えば名前を呼んでこっちに来たら、思いっきり褒めてあげましょう。

 

名前を呼ばれた時、飼い主さんのところにいけば褒めてもらえると理解しますので、大喜びで駆け寄ってきてくれるでしょう。

 

褒めながら全身を優しくなでてあげましょう。

 

脇の下や腿の内側、肉キュウなど最初は触られると嫌がることもありますが、ゆっくりと毎日スキンシップを取っていくうちに、触っても嫌がらないようになってきます。

 

こうしておけば、動物病院で診察してもらう時でも、どこを触られても大丈夫になりますね。

 

爪切りの時も痛い思いをさせなければ、じっと我慢しておとなしくしていてくれます。

 

一度でも血管を切ってしまうと、それ以降爪切りを怖がるようになるのでご注意を!

 

ただ、犬と触れ合うことで、結果的に信頼関係を築きながら、しつけもできているってとても素敵なことですよね。

 

あなたにも是非実践してほしいと思います。