ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ダックスフンドの抱き方に注意する

 

ダックスはご存じの通り、他の犬にくらべて胴が長いですよね。

 

ダックス好きの人にとっては、独特のスタイルも愛すべきポイントです。

 

可愛いし性格も明るく元気いっぱいです。

 

でも、甘えん坊な一面もあるので、抱っこされるのも大好きなんですね。

 

ダックスフンドの抱き方には、ちょっとだけコツがあります。

 

ついやってしまうのですが、前足の脇の下だけを持ち、そのまま持ち上げてしまうと、ぶら下がるようなダラーンと腰が垂れたままの姿勢になってしまいますね。

 

このように抱き上げてしまうと、腰や背骨に負担がかかることになります。

 

椎間板ヘルニアにもなりやすいので、ダックスフンドの抱き方には注意してくださいね。

 

まず前足の両脇に手を回して、上半身を押さえたら、片方の手でお尻の部分を支えるようにします。

 

左右の手で、交互に抱きかかえるようにして抱っこしてあげてください。

 

こうすれば、腰や背中がダラーンとならずに、負担をかけない抱き方ができます。

 

足やお尻に何も支えがないと犬は不安になり、足をバタバタさせたり、体をひねって逃げようとします。

 

この何げない動作でも背中や腰に負担がかかるので、正しい抱き方をマスターしましょう。

 

ダックスフンドの抱き方はちょっとコツが必要ですが、覚えてしまうと意外と簡単なので、正しい抱き方をしてあげてくださいね。