ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

毎回同じ人が食事を与える

 

一人暮らしの人なら当たり前ですが、ワンちゃんの食事はいつも同じ人が与えることになりますね。

 

家族の場合は、誰か一人担当者を決めて、毎回同じ人が食事を与えるようにするといいですね。

 

きっちりと毎回グラム数を量り、家族の皆がワンちゃんの食事の管理ができるなら、日替わりの当番制であげるのもいいと思います。

 

でも、じっくりと見ていてあげられない忙しいお父さんの場合、ワンちゃんの出す微妙なサインを見逃してしまう事もあるかもしれません。

 

もしも食事を残していたり、食いつきが悪い場合など、健康状態を見極める目安にもなります。

 

できれば、毎回同じ人が食事を与える方が、ちょっとした変化にも気づいてあげられるのでいいですね。

 

毎回食事の量が変わってしまうのも、肥満の原因になる場合があります。

 

目分量でだいたい食器に八分目とか、カップ一杯くらい、というふうにドッグフードの量を把握しましょう。

 

大抵の場合、いつも家にいるお母さんが食事を与えることになると思います。

 

パパが犬を飼いたくて飼い始めたのに、ママが食事をあげるから、ママの言う事しか聞かない、なんて話もよくありますね(笑)

 

できるだけ、常に犬のことを見ていられる人が食事の管理もできるのが望ましいですね。