ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

最初は食べ慣れたフードを与える

 

新しく子犬を家族に迎える時には、今までどんなドッグフードを食べていたかを必ず聞いておきましょう。

 

しばらくの間、今まで食べていたのと同じドッグフードを食べさせます。

 

これはどうしてなのでしょうか?

 

例えば、私たち日本人は和食中心の生活ですね。

 

昨日まで和食を食べていたのに、今日からカロリーの高い肉中心の洋食に切り替えたとしましょう。

 

今までの食事とは味もボリュームも違うので、最初は美味しいと食べることができても、和食に慣れているので体が追いつかなくなり、胃ももたれて調子が悪くなったり、お腹をこわしてしまうでしょう。

 

犬もこれと同じなんですね。

 

もしもドッグフードを変えたいと思っているなら、突然全く別のものに変えないようにしましょう。

 

最初は、今までと同じものを同じ状態で食べさせます。

 

ふやかして柔らかくして与えていたなら、同じようにして食べさせます。

 

徐々に硬いままでも食べられるようになるので、新しいドッグフードも少しずつ混ぜていきましょう。

 

最初は9対1の割合で新しいフードを混ぜてみます。

 

そのままでもお腹をこわしたりしないことを確認したら、割合を少しずつ変えていきます。

 

徐々に慣れていけばお腹をこわすこともないと思います。

 

最終的に新しいドッグフードにするまでに、時間をかけて切り替えていってあげましょう。