ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

ドッグフードの量

 

大抵の場合、ドッグフードの袋には年齢や犬の体型に応じて必要な量の目安が書いてあります。

 

中には、その通りにきっちりとグラム数を量ったり、粒を数えてあげている几帳面な飼い主さんもいるみたいです。

 

でも、犬にも個体差があり体型も違ってきますね。

 

大柄な子もいれば、小柄な子もいます。

 

6ヶ月、1歳と同じ年齢でも、体の大きさが違えば当然必要なドッグフードの量も変わってくることになります。

 

ですから、袋に書いてある量はあくまでも目安と思っておく程度でいいでしょう。

 

きっちりとグラムや粒を数えてあげている場合、その量で十分に足りていれば問題ありません。

 

でも、もしかしたら足りていないことも考えられませんか?

 

食事が終わっても、いつまでも食器をペロペロと舐めていませんか?

 

これは食事の量が足りないというサインにもなるので、もうちょっとだけ量を増やしてあげてみてください。

 

私は、いつも目分量なのですが、季節によっても食欲が変わることがあります。

 

たまに、ドサっと出てしまい、そのままあげてしまう事もありますが、多ければ残す子もいますし、食べ過ぎかな?と思ったら、ウンチの状態を見て量を調節しています。

 

アバウトのようですが、神経質になり過ぎるよりいいかなと思っています。

 

今のところこの方法で体調を崩すようなこともなく、皆元気にしています。

 

ドッグフードの量は飼い主さんの考え方にもよるので、ベストな方法を見つけてください。