ダックスフンドの正しい飼い方・しつけ方

1日の食事の回数

 

1日の食事の回数については、飼い主さんの生活スタイルや考え方で違いがあると思います。

 

参考までに、私は成犬というよりも高齢犬と暮らしていますが、1日の食事の回数は3回にしています。

 

ずっと長い間の習慣なので、これが当たり前になっています。

 

よく3回もあげたら太ると思っている人もいると思いますが、1日に必要な量を3回に分けて食べさせているので問題ありません。

 

1日の量を3回、つまり3日分食べさせちたら当然多すぎますし、肥満になったり、下痢をする原因にもなります。

 

「回数を増やす=量が増える」ということではありません。

 

1日3回にしておけば、空腹の時間も短くなるので、黄色い泡のような胃液を吐くこともないですね。

 

1日1回や2回の場合、空腹の時間が長すぎるために、黄色い泡を吐くことが頻繁にあります。

 

これは健康面から考えてもよくないので、できるだけ空腹の時間が短くなるようにしてあげてください。

 

1日2回で胃液を吐いていたワンちゃんも、1日3回の食事に切り替えてると、吐くこともなくなってきますので、回数を考えてみてください。

 

少なかったら足せばいいのです。

 

フードの量が多過ぎたらウンチの状態や体重や体型を見ながら少しずつ減らしていけばいいのです。

 

あまり神経質にならずに、生活スタイルに合わせた1日の食事の回数を決めてあげてくださいね。